沿革

1974年 マリーン・エンタープライズ株式会社 の新造船監督部門が分離独立、神戸市生田区北野町4丁目83番地に本社設置。
資本金250万円(代表取締役社長 木下信)とし発足する
1975年 本社を神戸市生田区北長狭通6丁目39番地フジモトビルに移転
1977年 資本金500万円に増資
1978年 スウェーデン・GUNNEBO(グネボ)社製吊り具(チェーンスリング、バケットフックなど)の販売を開始
1979年 本社を神戸市中央区港島中町5丁目1番1号に移転
1982年 資本金を1,000万円に増資
1985年 資本金を4,500万円に増資
1987年 ドイツ・ケルヒャー社製洗浄・清掃機器の販売開始
1988年 スウェーデン・ホーネル社製自動遮光溶接マスクの販売開始
1989年 資本金を7,000万円に増資
1990年 資本金を9,000万円に増資
全方向型アイボルト(フレノ・リンクボルト)の開発、販売開始
1993年 資本金を9,900万円に増資
スウェーデン・TEMA社製油圧カプラーの販売を開始
1997年 ベルギー・DiBO社製高圧洗浄機の販売開始
1998年 ショベルクレーンフックの開発、販売開始
1999年 イタリア・DULEVO社製スイーパーの販売開始
2000年 代表取締役会長に木下 信、代表取締役社長に木下 洋 就任
自動遮光溶接面の販売開始
2001年 本社工場を立ち上げ
ショベルクレーンフック、フレノ・リンクボルトの内製化を開始。
開発・製造・販売の一貫体制を構築
2002年 イタリア・IDROBASE社製高圧洗浄機の販売開始
2006年 イタリア・ELSEA社製バキュームクリーナーの販売開始
2007年 神戸市産業振興財団より「神戸発・優れた技術」の認定を受ける
2008年 タイ国に製造会社 SIAM MARTEC Co., Ltd. を設立
2009年 中国にて吊り具の販売を開始
2010年 中国に 蘇州馬太克贸易有限公司(Suzhou Martec Trading Ltd.)を設立
2013年 本社第2工場を立ち上げ
2015年 自在形アイボルト「ロータリーアイボルト」の開発、販売開始
2016年 タイ国に販売会社 SIAM MARTEC SALES Co., Ltd. を設立